土佐ジロー

土佐ジロー

畑山産土佐ジローとは?

小松 靖一
生産者 小松 靖一
高知県安芸市畑山は、市街地より20kmほど山道を入った、自然豊かな山里です。

高知県の特産品「土佐ジロー」。そのおす雄わか若とりにく鶏肉を、独自の「畑山式(小松靖一式)」飼育方法で生産し、全国へ出荷。多くの方より高い評価をいただいています。
(現在のところ、土佐ジローの雄若鶏肉を食肉用として生産・加工・出荷しているのは、畑山の小松靖一のみです。 また、その飼育方法は、平成元年より試行錯誤の上確立した、小松靖一独自のものです)

主に雄若鶏肉を生産しておりますが、卵(放し飼いによる有精卵)の生産・出荷ももちろん行っています。

そのほか、小松靖一が代表となり、「畑山温泉 いこい憩のいえ家」を運営し、土佐ジロー生産者直営ならではの新鮮でおいしい土佐ジロー料理をご提供しております。(「畑山温泉 憩の家」では、土佐ジロー料理の他、温泉・ご宿泊をご利用いただけます)

【お問い合せ】
TEL:0887(34)8005 FAX:0887(34)8115 e-mail:tosajiro@hyper.ocn.ne.jp
〒784-0063 高知県安芸市畑山丙46
http://www.tosajiro.com/

土佐ジロー

  • 土佐ジロー
  • 天然記念物の土佐地鶏(雄)と、アメリカ原産のロードアイランドレッド(雌)とをかけ合わせた一代雑種の鶏です。

    商標登録し、認定生産者によって一定の条件の下飼育されたものの卵や肉のみ、認定シール貼付の上出荷しています。 (土佐ジローの卵からかえった鶏は「土佐ジロー」として出荷・販売できません)
    雄でも1.5kgくらいと小柄ですが、5m以上飛ぶことができるなど、野性味にあふれる鶏です。

雄若鶏肉(畑山独自品質)

  • 雄若鶏肉(畑山独自品質)
  • 土の上での適度な運動・こだわりの飼料などで150日以上たっぷり飼育し、やわらかさと適度な歯ごたえ、何より深い味わいの詰まった、自信の味です。

    畑山独自の”雄若鶏(おすわかどり)肉”。その、食べた人が誰しも「うまい」と納得の味を、ぜひ一度お試しください。

放し飼いの有精卵(雌雄同居飼育)

  • 放し飼いの有精卵(雌雄同居飼育)
  • 採卵用土佐ジローは、雌(メス)25羽に対し、雄(オス)1羽の割合が基本となります。
    太陽の光が降り注ぐ土の地面の運動場と、夜眠る鶏舎が併設された飼育施設で放し飼いされ、毎日元気に走り回っています。
    (運動場及び鶏舎全体は、野生の動物や鳥などの被害を受けないよう、上方も含めネット等でしっかり覆われ、護られています)

畑山温泉 憩の家 土佐ジロー生産者直営
「畑山温泉 憩の家」

TEL:0887(34)8141
http://hatayamamura.jp/
畑山温泉 憩の家
お問い合わせ HOME KAERUKUN